プラセンタ サプリ 副作用

プラセンタサプリ副作用

 

美容に関心のある女性ならば知っている方も多いプラセンタサプリメントですが、医療機関で処方されている内服薬、市販されている健康食品としてのサプリメントなどがあります。

 

医療の現場で処方されているプラセンタは人の胎盤から抽出したものがほとんどです。そして、ヒトプラセンタは医療機関でしか取扱いが出来ません。そして、市販のサプリメントの場合、豚由来、馬由来のプラセンタです。

 

ヒトプラセンタの錠剤の場合、国内の正常分娩によって出産した方の胎盤を使用しています。厚生労働省の認可によって製薬会社の管理の元生産しています。製薬会社もわずかに限られています。そのため現在まで重大な副作用は1度もありません。

 

市販のサプリメントである馬の胎盤、豚の胎盤も当然ですが衛生管理、健康管理は体制を整えて実施されています。高い品質を保ち、安全性に努めている事と思います。中でもSPFプラセンタは安心と言われています。

 

プラセンタサプリメントの副作用では、生理の時期に出血量が増えたり、時期が早まるなどがあるそうです。軟便になる場合もあります。これは、プラセンタサプリメントの飲み始めの時期に、体の機能が正常になるための過程のためでもあります。

 

最初は戸惑う事もあるかもしれませんが、服用しているうちに収まります。プラセンタにはタンパク質、アミノ酸が多く含まれています。そのため、食品のようにアレルギー反応が起こる場合があります。そのため、体質で気になる方はプラセンタサプリを使用する前に医師に相談することをおすすめします。

 

また、薬剤性肝障害を起こす事例もあるため、他の薬の服用がある方は肝機能が弱る場合があります。医師に確認が必要です。また、アレルギー性皮膚炎の方がプラセンタエキスを飲むことで、痒みを伴う症状が現れるなどが起こる場合もあるようです。

 

それぞれの体質やアレルギー反応が起こる可能性もある事を意識して、過剰摂取をしないなど注意が必要です。

 

 

プラセンタサプリメントおすすめ人気ランキングはここから